The 3R House

3R ハウス

​(日本語による説明は末尾にあります)

The acronymic project title refers to the Resurrected Run-down Row (3R) House.

A full renovation of a run-down 90+ year old wood-framed row house (machiya) on a narrow private pedestrian alleyway (roji) just a short walk from Takano river in Kyoto, Japan.

Japan is known for its “scrap and build” practice, yet old houses on roji such as this project site are likely to be just left out due to the building code that does not permit new construction on plots on roji. 

The issue is, once the resident vacates a roji machiya, it is likely to remain unoccupied, eventually falling into disrepair. Often lacking a bath, a roji machiya is not a comfortable housing option by today’s standards. Its relatively low property value also discourages the owner from renovation.

Such was the case with this project site. The existing house had severe structural issues caused by many years of neglect. In response to the client’s request for a fresh comfortable rental home, Yamada Architecture designed a complete renovation that is akin to building a new modern house nearly from the ground up inside the existing machiya’s exterior shell.

As an essential part of machiya architecture, tsuboniwa, the small courtyard garden was revived and its experience was maximized by a new open floor plan that makes the tsuboniwa viewable from throughout the downstairs.

The overall design centers around creation of airy space for “life with the garden & the sky.” The double-height dining space allows natural light from the upstairs windows to permeate the downstairs. It also makes the garden visible from the upstairs hallway. The bathroom is naturally lit by its transom window and clerestory windows.

On the upstairs, the new vault ceiling creates airy open plan feel. The east-facing gable window provides ample daylight as well as a framed view of the sky. Airiness of all spaces is heightened by the simple finish palette that let the light bounce.

While nearly everything in the interior space is new, the original crooked log roof framing and several old downstairs beams give the space a sense of history. 

The arched corners of the wall openings were designed to accommodate seismic dampers. The whole house structure except the old exterior shell stands on the new slab-on-grade foundation. The new dual-glazed windows and thermal insulation make the interior space as comfortable as a contemporary house. 

The facade was renovated in line with the original 90+ year old design that features wooden lattice fenestrations, specifically, the large protruding window and sliding entrance door to keep up the sensibility of traditional roji space that defies isolation among the neighbors.

This renovation is intended to turn the neglected roji machiya into a comfortable, neighborhood-friendly housing option that lasts for generations to come.

初めにバラしてしまうと、3Rというのは 

Resurrected Run-down Row house の頭文字のRです。

強いて日本語で言うなら「復活ボロ長屋」でしょうか。

これでは響きが良くないので、3Rハウスと呼んでいます。

築90余年のかなり傷んだ長屋(町家)の全面改修。敷地は高野川から徒歩数分の距離にある静かな路地に面した4軒長屋のうちの端一軒。

日本は「建物を壊しては建てる」国として世界に知られていますが、この長屋のように細い路地に面した建物は取り残される場合が多いようです。その理由は、原則として日本の建築法規では、路地のみに接道する土地での建て替えなど大規模な工事ができないことが挙げられます。

問題は、こうした路地の町家に一旦人が住まなくなると空き家のまま放置されて荒れ果ててしまう場合が多いことです。路地の町家には浴室が備わっていない物件が多く、現代の基準からすればとても快適とは言えない住宅です。また不動産価値が低いため、所有者も建物にお金をかけて手入れするのを避けたくなります。

この既存物件もそんな経緯で荒れ果ててしまった路地長屋でした。長年の放置で構造体まで朽ち、危険なほど傾いていました。そんな物件を格安で購入した施主のご要望は、新築と同じぐらい新鮮で快適な住み心地の賃貸住宅に再生することでした。これに応えるべく、ヤマダが提案したのは、既存町家の外皮と最小限の柱梁のみを残し、その内部に基礎から造り込む、いわば新築に似た全面改修。

町家建築に不可欠とも言える坪庭を復活させながら、1階の随所から坪庭が見えるよう、オープン・プランとしています。

「庭と空を見ながら暮らす」ための開放的な空間づくり。

これが設計の主眼でした。ダイニング上部空間は吹き抜けているので、2階の窓から自然光が降り注ぐとともに、上階廊下からも坪庭が見えます。1階の洗面・脱衣・洗濯室も高窓や欄間窓、室内高窓によって自然採光が確保されています。

2階の空間は勾配天井で、間仕切り壁が天井まで達しない高さであるため、開放的です。東に面した妻壁に穿たれた高窓からは、十分な自然光と空の眺めがもたらされます。白い壁と無垢の木材だけの簡素な仕上げが自然光を拡散することでで空間の開放感がさらに高められています。

ほぼ全ての内装が新築ですが、九十余年前の竣工時の小屋組や曲がり丸太梁、並びに数本の床梁が残されてあらわしで見せられており、この長屋の歴史を感じさせてくれます。

内壁の開口のアーチ型隅部には耐震ダンパーを納めています。既存の外周部を除き、この住宅の構造は、伝統工法のように、新たに打ったベタ基礎の上に緊結アンカーなしで乗っかっています。いわば昔ながらの免震構造です。温熱環境については、複層サッシと外周壁および屋根の断熱材により、現代住宅並みに快適にしています。

おもての外観は90余年前の竣工当初から残る出格子を中心に、その意匠になるべく沿った改修を実施しました。玄関の建具も木製の格子戸としています。木製格子の佇まいが、伝統的な路地らしさを醸し出し、近隣の人々と相互に暮らしの気配を感じられる路地空間を形成しています。

放置され荒れ果てた路地の町家を、近隣を感じつつ何世代にもわたって暮らせる快適な住宅に更新すること。それがこの3Rハウス・プロジェクトの意図です。

Project Info

Full renovation of a wood-framed row house

木造長屋

​全面改修

LOCATION

Kyoto, Japan

SIZE

66 sqm

​2 storey